TOP > ツーレポTOP > ツーレポ2008 さとしのレポート
2008/9/14 行き当たりばったり貧乏ツーリング二日目〜全て自己責任〜
Today's Root (下記ルートをクリックすると地図が表示されます)
岩内キャンプ場 → R66ニセコパノラマライン → 展望台 → R66ニセコパノラマライン → 真狩村道の駅 → R230 → 洞爺湖 → 洞爺湖キャンプ場 → R132 → R453 → R276 → R453 → 然別湖湖畔 → R453 → R16 → R337 → マオイの丘 → R274 → R234 → R30 → 三笠裏道 → 桂沢湖 → R452 → 芦別道の駅 → R4 → R12 → 環状線 → 環状東光ブックオフ → 解散
参加者:さとし、やすお
見送り:


行き当たりばったり貧乏ツーリング〜全て自己責任〜 第二日目


昨夜は早々に就寝しましたので、今日の朝は早いですよ〜。
23 時前には寝袋の中で、いびきかいていましたので、5 時には起床してもうた!
と言うか、昨晩の作戦会議で日の出より早く起きようと決めていましたからね!
予定通り、
お天道様より先に二人とも御眼目がパッチリと開いていました。
                                                        でも、眠い(´-`).。oO(Zzzzzz)
昨晩はアルコールが入ったせいだけではなく、テント内で寝るには、
苦にならないくらいの暖かさだったけど、朝は冷えていますよ!
                                  ヒィー(((;゚Д゚)))ガタガタ
寝袋の中の暖かさが恋しいけれど、眼がさめちゃったので、しかたなしに
本日の活動を開始します。
昨夜、私一人で探索した展望台まで行ってみますか?
日の出
やすおさんは、少し躊躇っていましたけど、寝起きの運動に行ってみます!昨日同様、既にテンション上がっています!

テントから出た時には、もう既にしらじらと夜が明けつつありましたが、まだ日の出には時間があるかなと余裕に、
思っていたら、展望台に着く前に
お天道様が顔を出しちゃった!
岩内キャンプ場 展望台 慌てて階段を駆け上がって撮影したのが↑ 間に合ったぁ〜
                            ε- ( ̄、 ̄A) フゥー
じゃんけんずとして、始めてお天道様の起床に立ち会えましたよ!
本日も一日よろしくお願いします!
では、探索の続きをはじめます。
昨晩は、何が書いているのか分りませんでしたが、展望台には
このようなモニュメントがあったのね。
と言うことは、意味も無くキメてみます!
モニュメントの詳細は、“カーソルを”ですよ〜

昨夜は、当然気付きませんでしたけど、ここ、岩内のキャンプ場にもマムシが出るらしいです…。
まっ、蛇は日中にしか活動できぬ下等な生物ですので、朝出会っても気にすることはありませんな。


一仕事終えて、テントに戻る途中、昨日見られなかった、
このキャンプ場の一望を見られました。けっこう広いっすよ。
しかも、かなりの方がキャンプを楽しんでいました!
車で来られる方が9 割以上で、そういった方への配慮がばっちり!
と言うか、車専用のキャンプ場のように思えます。
バイクで来ているのは数台ですかね。しかも片隅に…。
バイクでおこしの方の中には、堂々と車用のスペース借りている
人もいました…。
それが、正解! と言うか、正しいのでしょうけど…
岩内キャンプ場全貌
Movie01
ウォーミングアップ中の映像
(再生にはQuickTimeが必要です)  
爆音
が発生しますので、音量に御注意下さい
車用のキャンプスペースには、電源コンセントも装備!
ドラムがあればテントの中でも、家電が使用できます。
各場所には、流し台もあり炊事自由!
かさばる荷物を必要としないキャンプ場ですな。
それに、コテージも数件ありましたよ。

お世話になった場所の探索を終えてテントに戻る途中に
楽しげな遊具も数点ありましたので、遊んでみました!

朝飯前の一仕事ではないですが、ヘビ同様、体を温めな
いと活動できませんからね!
右写真が、一晩お世話になった場所と、素晴らしいテント!
テントと寝袋さえあれば、何処でも寝られます!
で、よく見てみると入り口逆なんですけどね…。
                             ( ̄▽ ̄:)エッ
通常は通路がわに入り口向けるのですが、暗かったこともあり、
逆向きに立ててしまいましたが、これはこれで良かったっす!
我らの仮設ハウス
一晩だけの寝床
  これが、我らが安眠したテントの内部!
  起床後、すぐに探索開始したのでそのままです…。
  やすおさん、恥ずかしいもの置いてないよね?
  ……。そんなものある訳ないか〜Σ(〃゜ o ゜〃) ハッ!!
  一晩寝てみて、こういったツーリングもありだね!
  最低限の荷物でも成せば成りますね!
朝の探索を終えても、まだお腹が減っていないような気がしますが、
ブレックファーストにしますか〜。
で、朝のメニューは→ 昨晩と一緒ですがなにか
                        (*`Д´)φモンクアル
真中のフライドポテトはテイクオフし過ぎな感ありますが、

     食べ物は大事にね!
本当は朝食用にカップラーメン買っていたのですが、出番なし!
朝から頑張って食しましたが、完食は無理でした〜o(゚Д゚)っモムーリ!
朝食
岩内キャンプ場詳細 疑問に思うカップラーメンのお湯は、センターハウスでゲット可能です。
← 左が素晴らしいキャンプ場の詳細です。見ずらい方はクリックで拡大されます。
シャワー室が6:30 だと思い込んでいたので、ゆっくりと朝食をとっていました。
で、食べ終わってもまだまだ、時間があると余裕こいていたら、6:00 から使用可能
思い込みは怖いですよね。完全に裏切られた自分の記憶! 責めるに責められないです…。
ブレックファーストを堪能して、まだかまだかと気になったので、センターハウスに行ってみて気づきました!
と言う事で、出発前の身支度整えますよ〜。

やすお、名は男だけど、身は女、身だしなみは念入りに…、

常備していなかったドライヤーを人様から借りていました。
そんなことは、別段どうでもよかですが、行き当たりばったり貧乏ツー二日目スタートしますよ〜
岩内キャンプ場 出発前 ではでは、出発前に本日の目的地決めますか〜。
って、昨晩決めましたけど、改めて再確認!
かなり欲張った予定ではありますが、
明日も休みだし、三連休だし、またテント張れば
問題ないっすよね?
               ( ̄Д ̄)ノオウッ
そう!これこそが、行き当たりばったりの醍醐味ス!
駄目でもともと、
成せば成る、何事も!

で、準備万端ですので、出〜発!
岩内キャンプ場 愛馬

↑ 出発前のやすおさんの手前のハンドルが気になる方? それはキックボード。無料レンタルでした〜

出発したのに、余計な解説入ってしまいましたね。では、気を取り直してスタート!
愛馬への朝食 の前に、愛馬にも食事を与えないとね!

この先、全く持って無計画なツーリングだから、何処で止まってしまうか…。
予定は未定なツーリングも二日目となれば、事前準備は怠りませんよ!

愛馬への愛情もそそがれた事だし、

            行き当たりばったり貧乏ツーリング第2 日目スタート!


岩内の町並み ← の写真はガソリンスタンドの前に撮影したもので、先日、買出し前に
夜景を撮ろうと頑張った辺りです。私個人の写真配置へのこだわりの為、
前後して申し訳ない。( ̄- ̄=)あぁ…

では、本編に戻って、給油後目指すは、
ニセコパノラマライン!
給油中に、出会ったお客さんと話してみると、「良い選択だ!」
と、言われましたが当方まったく初めてなので、どんな道のなのかわからん…。
ただ、気持ちよさそうだと言うことだけは解ったので、期待を大にして行きます!
やすおさん先頭で、自分達なりにかカッ飛んでいましたよ〜。
撮影することすら、眼中に無いくらいカッ飛びました〜C= C= C= C=ヘ; ̄ー ̄)ノ
ニセコパノラマライン 展望台
ニセコパノラマラインの3 分の1 程度来た所にある○○展望台にて休憩。
やすおさん、何度が死ぬ思いをしたとか……。私もブラブラなスタンド、幾度となく擦っていますが…。
ちと、朝から張り切りすぎた様で、調度良いウォーミングアップ? 休憩場所でした。

朝も早いのに、数多くのライダーが来ていましたよ! この峠は、
過去サイコーの楽しさありました!

いやいや、まだ3 分の1 ですけど、景色やカーブの感じや今までにない
スケールのデカさを感じました!
まだまだ、先は長いのでここからは安全運転で景色と爽快な道を楽しんで出発!
ニセコパノラマライン 走行中 ニセコパノラマロード走行中の写真!
今回、カメラのメモリーを心配しすぎて要所要所でしか撮影してないので、
画像少ないですが、御了承下さい。でも、これは←、結構お気に入りです。
画像にカーソルを合わせろず!(強制です!)
思い出に残す写真もいいですが、やっぱり、走りを楽しんでこそのツーリング
本日は、画像少ないですが、当人の思い出に心のシャッター押しまくっています!
そんな訳で、こちらの画像もよくありませんが(¬_¬)
撮影ポイントは絶景なのですが、いかんせん、お天道様の立ち位置が…
撮影する前から、間違いなく逆光だとわかってはいたんですよ!
でもね、逆光と解かってはいても、撮りたい景色はあるんですよ!
どう撮ればこの素晴らしさが伝わるか試行錯誤したのですが、
無理なものは無理!ウーc(`Д´c)
妥協も時には必要かな…
ニセコパノラマライン 絶景
ニセコパノラマライン 記念撮影 後ろの山並みと雲はきれいに見えますよね?
でもでも、
そんなのかんけーねー!

言い訳をさせて頂くと撮影機材と技量の問題で、無理です!
デジカメは便利ですが、融通が利かんとです…。
アナログカメラなら光量落として、シャッター時間長くすれ
ば、きれいに写ったのでしょうけど、デジカメは
           融通が利かんとです
でも、ハートの中には素晴らしき一枚ははっきり映ってます。

ニセコパノラマロードを楽しみながら、途中、迷走しながら、地図と格闘しながら、満喫しながら
素晴らしい道を抜けてみると、走る目前にたたずむ見落としようの無い威厳のある風貌!


………、教えません! マジでスケールのデカさに圧倒…
写真では、この圧倒された雰囲気は伝わりませんが、
マジでデカ過ぎです。
走行中、ずっとそこにたたずんでだけなのに、
威風堂々と存在感のある迫力に気になって気になって
つい写真を撮りたくなってしまいますよ。
                  ( ̄0 ̄)/ オォー!!
かなり遠くからでも感じさせるオーラをまとって、
近づくに連れて、ただならぬ雰囲気を受けました。

そうそう、この山の名前は……、写真の上に……。

ニセコパノラマラインの爽快なツーリングが終わりに近づいたゴール付近の巨大な山を後にして、
そろそろ休憩タイムじゃないですかね。ここまで、一度迷走しかけたけど、問題なく来ていますよ。
                                                     (σ⌒ー⌒)σ
今日、2 回目の休憩ポイントは、真狩村の道の駅!
細川たかしの故郷だそうです。だから、→ の銅像がありました。
細川ファンのおば様・おじ様には、大興奮の場所なんでしょうけど、
当方あんまり興味ないんだけどね( ̄ー ̄lll)
この道の駅では、露天なども数多くやっていて、野菜などの直売もやっていました。
でも、朝頑張って食べ過ぎたのか、全く食欲無かったのでスルーっす。
細川たかし像
真狩村 道の駅 天気も良いせいか、かなりの観光客が訪れていましたよ。
トイレタイムと、ニセコパノラマラインの緊張をほぐす為、
しばし休憩ですな。
ここで、休憩している時にちょうどタイミングよくメンバーからの
メールが来た! 当方の進路次第では合流できるかも…
メールをくれたメンバーのいる所は、ナイタイ高原……
残念! めちゃくちゃ頑張んないと合流できません。
羊蹄山 記念撮影
一瞬、合流できるかと期待したけど、無理でした〜。
さすがに、ここから日高方面に行くのは無理があります。
メンバーも天気の良い今日を楽しんでるようなので、
私達も、楽しい思い出を一枚!
羊蹄山がバックに写っているはずが、雲に邪魔された!
そう、ニセコパノラマラインゴール付近にただずんでいたのは
羊蹄山でした〜。

羊蹄山と、細川たかしとおさらばして、次なる目的地は
洞爺湖!
ここからさらに南下します! ちと欲張りすぎな感じがしますが、今日帰れなくても泊まればいいんだし…。
道の駅からそれほど時間もかからずやってきました。
ここで、サミットが開かれた雰囲気は、一切感じませんでした。

湖畔沿いをぐる〜と回って、一周しようかとも思ったけど、結局、来た道戻る事に
なるし、時間の余裕もなさそうなので、半周程度にしておきました。
そして、半周の半分くらいの所にあったキャンプ場にて休憩し、洞爺湖を満喫!
洞爺湖
洞爺湖 チームカラーに囲まれた記念撮影 洞爺湖に中島が浮かんでいるかのような、
  スケールのデカさを感じました!

逆光で表情全くわかりませんが、青空と湖水の色
がバックでいかす感じでないですか?
一見、こちらを向いているのか、後姿なのか区別が
つきませんけどね。

画像修正してみたら、じゃんけんずのチームカラーが
失われてしまったので、そのままの方が良いです。

ここは洞爺湖キャンプ場なのですが、昨晩、われらが泊まった岩内キャンプ場と比べると、天と地の差…。
岩内キャンプ場が素晴らしいと改めて感じました。
ま、そんな事はどうでもいいとして、キャンプ場には美術館?ギャラリーが併設されていたので、ちと探索!
真似っ子 なぜか、ここには女性ばかりの彫刻が外に飾られていました。
しかも、全て裸体です。作者は男性に間違いない!

遠くから眺めるときれいなシルエットに感じるので、
やすおさんも御一緒にどうぞ!

澄んだ青空と真っ白の雲に引き立てらて、良い感じですよ。
この時は、すでに夏日の気温を超してたようですが、涼しげに
感じるのは何でだろう?( ̄▽ ̄:) エッ
亀甲縛り… 芸術はよく解せませぬが、何故に後ろ手に縛られているのだろう??
目が怖い! ここまでは、良い銅像だったのですが、
近くで見てみると、かなりリアルに
怖い顔してらっしゃいましたよ。
目が特に怖い!しかも、鳥の糞がそのまま。

観光時期くらい手入れすればいいのに。
やっぱり、やってしまった…。
















                                        こういうの見るとついつい
                                                真似してみたくなっちゃいませんか?
Movie02
然別湖湖畔、出発前の映像
(再生にはQuickTimeが必要です)  
爆音
が発生しますので、音量に御注意下さい
先にも述べましたが、本日も非常に天気が
よかとですよ!
芸術を堪能して戻ってみると、
バイクのシートが焦げるくらい厚くなっていた。
すでに、夏日の気温超していますな!
やすおさん、温度計を携帯しているので、
見てみると、40度越してました…。
革ジャンを着ていると、お天道様に照らされ
焼けるように暑かった〜。
昨日は、探索で汗だくになりましたが、
今現在は、ただ立っているだけで汗が出そう。
R276 大滝村付近 お天道様が頑張りだしたので、走っていないと
絶えられない! と言う事で出発します。
でも、そろそろ給油したいんですが、この辺り
田舎の為、スタンドやっていません…。
まだ、残量には多少余裕があるので次なる目的地で
給油することとしますか。
で、次なる目的地は、
然別湖!
そこまでの道のりが、非常に長く感じられた…。
R276 渋滞疲れ 洞爺湖を後にして、然別湖へ向かう途中、
渋滞の為、爽快なツーリングが…。カーブで前方の方を見ても、
先頭が全く見えないくらい、長〜い列が永遠と続いているかのよう。
低速では、我が愛馬は安定しなく、
疲れるしイライラ!
                   ( ゚曲゚)キィィィィィ

先頭は、道を譲る余裕の無いシルバーの方に間違いないっす!
大人気ないですが我慢できずにやすおさん置いて、追い越し開始!
先頭車両に道を譲るよう怒鳴って差し上げようと一気に加速。

何とか追いついた〜と思った瞬間、
曲がりやがった!
犯人は軽トラのおじ様かおば様かわからなかったけど、取り逃がしたようで、ちょっと悔しい。
そんな、イライラで走っては事故の元! しばし、バイク降りて小休憩です。
本当は、ここいらで然別湖の湖畔に出るはずが、追い越しをしていた為に通り過ぎてしまった…。
しかも、やすおさんを一人置いていってしまってごめんなさい。m(_ _)m

全てが思い通りに行くわけではないですし、安全運転のシルバーの方は悪くはありませんよ!
当方に心の余裕が無かっただけです。

と、心も落ち着いたと言うことで、再スタート!
目的地の然別湖湖畔は逃してしまったので、改めて、別な湖畔を目指します! ちょうどランチタイムにも良いっすね!
そして、やってきたのが然別湖定番の湖畔です。
ランチスポット まずは、腹ごしらえ!
数多くのお店がありましたが、納得いくランチが無い!
ほぼ、全てのお店を回ってみてここだ!と思ったのですが、お客さん多数いた為
待たねばならぬ。どうしようか…。
特に、これだと言うランチのテーマがある訳ではないですが、何となくね…。
で、散々迷ったあげく納得いったのがこちらのお店。
でも、繁盛しているようで30 分以上待ちました。
迷って、待って、とっくにランチタイム過ぎています…。

で、特に理由がある訳ではないですが、われらが選んだのは
オムカレーとオムハヤシ。しかもセット物で、サラダor スープ&
飲み物も付いて、1,000 円位だったような。
量は、レディーに最適なくらいです!
待った甲斐あるくらい旨かったですよ! と言うか、待ったから旨い?
当方、よほど腹が減っていたのか、無言で一気に完食しました!
オムカレー オムハヤシ
然別湖 そう言えば、渋滞とランチの悩みとで然別湖を満喫してない!
出発前になってようやく気づきましたが、既に遅し。
                          ( ̄- ̄=)あぁ…
出発の準備している最中だったので、然別湖の写真はこれだけ…。
やはり、心にゆとりがないと駄目ですな!

“行き当たりばったり”も時には、楽しめません。
良し悪しは何事にもあるっすよね!
時間も時間ですので、出発します!
いま一つ、満喫できなかった然別湖を後にして、そろそろ給油せねば…。
でも、ここら辺にはスタンドすらない…。千歳は目前だし何とかなるか…
給油の心配もありますが、ここからの目的地・ルート決めも必要っすよ。
だって、今回は停まるたびにルーと決めていますからね。

で、ランチタイムの作戦会議では、無謀にも富良野経由で帰る案も提案された!
無理なら、途中で変更すればいいんだし…、テント張ればいいんだし!
だけど、3 年前の悪夢が甦った!然別湖を目指したはいいが、帰宅は真っ暗闇だった事が…。
かなり、不安がありましたがとりあえず、千歳で給油し長沼に向かいます!
長沼の道の駅で、時間と相談してルート決定しようと言うことで、納得。


R16
マオイの丘 ここ長沼のマオイの丘。
観光客の皆様は、邪魔くさいくらいたくさんいましたが、
楽しみ求めてきた、欲張りなわれら?にはいま一つ満足できない…。
今日、今まで見てきた
スケールのデカさを見てしまうと、
何処に言っても、物足りなく感じるのは当然なんだけどね。
辺りの探索は、そこそこにして、作戦会議に入ります!
何か面白いものはないかと探しまくったけど、良い情報なし!
でも、午後からの楽しみが現時点で一つも無いので、何としてでも探さねば!
で、見つけたのが、坂本九思い出記念館!
あまりの期待はでき無そうですが、無いよりはましですので、行って見ます!
が、たどり着けづ…( ̄- ̄=)あぁ…
地図で確認したのは良いけど、R3 号線がR234 と重なっているなんて…。
不覚にも、確認不足です。無駄な時間、貴重な時間を潰してしまいました。
今更、引き返すのも難なので先進みますよ〜。
無駄に時間を浪費してしまった事もあり、富良野経由での帰宅はなし!
最短で帰りますか〜。

→は、坂本九の記念館を後にしたときに発見した
近すぎる歩行者信号
R274 近すぎる横断歩道の信号
特にコメントなしです…。
(" ̄д ̄)!文句ある!
行き当たりばったり貧乏ツーリングも終焉に差し掛かっていますが、このまま終わってしまっては物足りぬ!
いや、最短で帰っては面白くないので、ちと寄り道しましょう!
と言う事で、R234 から桂沢湖目指して走りますよ〜。

で、ルートも決定したしゆったり帰りますか〜。と行きたかったけど、途中でアクシデントが…。
走行中、胸の辺りがむずがゆい! ちょうど信号待ちで停まった時になにやら、懐に入り込んだ輩がいるような…。
信号が青に変わったところで、気付いてあわてて路肩に止めて革ジャン脱いで、退散させました。
私のシャツの中に虫君が入り込みやがったとですよ〜。かなり焦ってしまいました。
そして、先頭を行くやすおさんに御心配をおかけしました…。

先に行っていたやすおさんに追いついてほんのわずか先で、蛇の死骸が路面につぶれているし、
何やら胸騒ぎを感じましたが、気のせいだったようです。



桂沢湖 さとし案
桂沢湖 やすお案
お手!
めんこめんこ!
桂沢湖湖畔に無事到着!
先客のライダーも数人いました。
上記の写真、
かなりアイデアたっぷり! でないですかね? やすおさんのアイデアですよ〜。
なんだか修学旅行後の虚無感を感じながら、ゆった〜りと休憩していました。
ここまで来てしまったら、後はかえるにのみですので、どうしようもなかとですね…。
桂沢湖からは、R452 そしてR4 でR12
お決まりコースですが、(" ̄д ̄)!文句ある!
→ は、途中にある芦別道の駅にて。
さすがに、ライダーの影は無かったですが、
車は数台停まっていました…。
夏ならまだ、ライダーもいる時間帯なんですけどね。

日も暮れてしまったし、ここからも安全運転で帰ります!
芦別道の駅
お疲れ様でした〜
無事解散場所到着! でも、帰宅するまでがツーリングですよ〜。
このアングルも恒例と化したいっす! と勝手に強引にこれで撮り収めとさせて頂きました!
今回は、企画も何も無く不安なツーリングでしたが、
成せばなるものです!
しかも、新たなツーリングスタイルも実践できたし、得るものはたくさんありました!
何はともあれ、二人とも無事に帰宅できたことに、ありがたいです!
それここれも、全て下記のお祈りがあったからこそですかね…
ナンマンダブツ ナンマンダブツ 詳しくは、伏せさせていただきますが、
「ナンマンダブツ、ナンマダブツ」

このお祈りあったから、無事帰宅できたのだと
思い込んでいます!

わかる人にはわかる!
以上!
詳細は ナ・イ・シ・ョ・…
ページTOPへ
inserted by FC2 system