ツーレポ作成マニュアル
 ツーレポを書くには色々な方法がありますが、ここではワードを使用した作成方法を説明いたします。これを読んでいただければ、苦手意識も解消されると思います。
1.フォントの種類・大きさを設定します。通常はMSゴシックで10.5を選んで下さい。強調したい場合などはご自由に設定して頂いてかまいません。(フォント以外で、文字の大きさ・太さ・色など) 2.ページの設定を行います。(文字間隔、行間や余白を設定する事です。)メニューバーのファイル → ページ設定をクリックしてください。
3.余白タブをクリックし余白の設定を行います。上下左右全て指定します。10mm前後が使いやすいです。直接ルーラーを操作し設定もできます。 4.文字数と行数タブをクリック、原稿用紙の設定にするをクリックして下さい。そうすると、文字数と行数両方の設定が可能になります。文字数と行数共に50に設定して下さい。(管理者の都合です。)
5.設定が済みましたら、ツーレポを書きましょう。まず、タイトルを決め全体の構成を考えて下さい。タイトルは最後に決めてもかまいません。 6.大まかなテーマが決定しましたら、お好きなように文章を書いていきます。写真を参照しながらのほうが書きやすいですよ。
7.文章だけでなく、写真もたくさん使ってください。写真の挿入の仕方について説明します。上記の赤枠の中に写真を入れたい場合。 8.ファイルメニューの挿入 → 図 → ファイルからをクリックして下さい。
9.図の挿入ウィンドウが開きますので、挿入したい写真の保存場所を指定し、右下の挿入ボタンをクリックします。 10.このままでは大き過ぎますので、サイズ変更をしなくてはなりません。(矢印の先は最後を参照ください。)
11.画像をクリックすると写真の縁に枠が表示され角には四角が表示されますので、その四角を左ドラックで好きな大きさに変更します。 12.写真を右クリックし、図の書式設定を選んで下さい。すると図の書式設定ウィンドウが開きますので、以下の設定をして下さい。
13.写真の縁を削りたい場合(被写体が小さい時など)は、図タブをクリックしトリミング範囲を設定します。
トリミング=切り取り
14.次の操作は必ず行います。レイアウトタブををクリックし、折り返しの種類と配置設定で、背面又は前面を選択します。(文章に対して前面か背面か)これを設定しないと、好きな所に写真を移動できません。
15.設定が終わりましたら、左ドラック又は、十字キーで好きな所へ移動させます。設定は何度でも行えますので、お好きな形になるまで繰り返してください。 16.文章の移動について、スペースキーで移動しても良いですが、いちいち面倒ですので一括で移動できる方法を説明します。上記の文章を右にずらしたい場合を例にします。
17.カーソルを移動させたい文章にあわせて反転させます。(最後の行は全て反転させる必要はありません。頭の文字だけでOKです。)又は、1行ずつ移動させたい時は、反転させなくても移動させたい行にカーソルを合わせるだけでOKです。 18.インデントボタンをクリックするたびに1文字ずつ右に移動します。行き過ぎた場合は、隣にあるインデント解除ボタンをクリックします。
 ここでは基本的な設定だけを説明しましたが、ご不明な点や、他の設定方法など知りたい場合は、管理人宛にメールをいただければ、わかる範囲内でお答えいたします。
 ちなみに、写真が暗い場合は、10の矢印の設定で明るさ等の変更が出来ます。(矢印の先が表示されない場合は、メニュー → 表示 → 図をクリックすれば表示されます。)左から5・6番目のボタンで明るさを調整し、明るくした場合は、3・4番目のボタンでコントラストを調整します。
19.上記のようなことを繰り返し行い、好きなようにレイアウトを行って下さい。最後にはプレビューで全体の構成を確認してみる事も大切です。
inserted by FC2 system